プロテインで美容成分をたっぷり摂取しよう

美容成分であるコラーゲンを体内に摂取した場合と、プロテインから摂取した場合は体内では基本的には同じである。

プロテインで美容成分をたっぷり摂取しよう

美容成分コラーゲンとプロテインを摂取する場合の違い

美容成分というと、すぐに思い浮かべることができるのはコラーゲンやヒアルロン酸だと思います。
肌の弾力や保水には欠かせない成分です。
ヒアルロン酸は、特に保水力に優れていて1gあたり6リットルの水分を保持できるといわれています。
また、関節の動きをなめらにし、関節にかかる負担を和らげるクッションとして働く役割もあります。
コラーゲンは、たんぱく質で構成されいて体内のたんぱく質の40%のうち40%を占めます。
体内のさまざま組織の強度や弾力性に影響し、コラーゲンの大部分は肌に含まれています。
ヒアルロン酸・コラーゲンには、肌にハリや弾力、潤いを保つ効果があり、これは、年齢を重ねるにつれて減少していきます。
肌にハリや弾力・潤いを保つには、減少していくコラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分を積極的に体内に取り入れていく必要があります。

コラーゲンを手軽に体内に取り入れるのに、ドリンクやサプリメントがあります。
コラーゲン自体を体内に直接取り入れても、コラーゲンにはなりませんが、ビタミンCと一緒にとりれることでコラーゲンを生成する効果が期待できます。
そのほか、プロテインというたんぱく質を多く含んだ栄養食品だあります。
プロテインは、主に筋力トレーニングなどの激しい運動やスポーツをする人が摂取しています。
コラーゲンの摂取とプロテインの摂取に違いがあるのかというと、コラーゲンもたんぱく質の一種なので体内ではアミノ酸に分解され、どちら場合も基本的には違いがないそうです。

注目度がUPしている美容成分についての話はネットならここでチェック

Copyright (C)2017プロテインで美容成分をたっぷり摂取しよう.All rights reserved.